スーパーフィート(インソール)

当院で扱っているスパーフィートはとてもお勧めできる商品です。

スポーツ障害・シンスプリント・足関節捻挫後の不安定・関節動揺・鵞足炎・ランナー膝(腸脛靭帯炎)・膝関節障害・アキレス腱炎・足底筋膜炎・モートン病・偏平足・外反・内反母指・姿勢矯正・骨盤の歪み・肩こり・腰痛・膝痛などにも有効です。

 

両足で 4800円 

 

購入方法

使用する方と使用する靴が必要となります。

代理の方だけのご来院では適切なサイズでご提供できません。

 

かかとの大きさ・足の土踏まずの状態・インソールを入れた際のバランスや姿勢・力の入り方を検査をいたします。

 

当院では国家資格を持った専門のスタッフがインソールのフィッティングをいたします。

購入後は何度でも調整・ご相談をいたします。

60日間以内のの返品・サイズ交換の保障もありますので、ご安心してご購入・相談いたします。

 

※個人差はありますが、数日から数週間は体や筋肉の使い方が正しく矯正されるため、筋肉痛 や疲労をしやすいなどの症状が出る場合があります。

 

フィッティングが合わない場合は足に痛みが出たり、豆が出来ていたりする場合があります。当院で購入した場合でなくてもフィッティングのサービスを行っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

 スーパーフィートは普通のインソールとどう違うの?

スーパーフィートは、クッションを増したり、靴のフィット感を良くしたりすることを目指したインソールではありません。
足を保護することが、かえって足の基本的な機能の退化につながる場合があります。

足がその本来の機能を回復する手伝いをするのがス ーパーフィートです。
 
 ◆ 構造を簡単に説明すると…

スーパーフィートは、
「足の3点アーチ」を、正常な状態に維持すること
をサポートする構造になっています。

※3点アーチとは、親指の付け根、小指の付け根、かかとの3点で
構成されるアーチのことです。アーチが着地の衝撃を吸収し、蹴り出しの時のバネ力を生み出します。

 ◆ アーチを維持するとどうなるの?

アーチが落ちてくるとどうなるかを説明します。人間の足は、車で言うとタイヤのようなものです。体の一番下にあって、地面と直接コンタクトする部分です。足にはアーチと呼ばれる構造があります。走ったり歩いたりしている時に地面から受ける衝撃を、アーチが低くなって吸収する仕組みになっています。反対に蹴り出す時はアーチが高くなっていきます。

この部分で着地の衝撃を吸収しないと、膝や腰、背骨にまで衝撃が伝わって、
膝痛や腰痛等のさまざまな故障の原因になります。

一方アーチが低いままだと蹴り出しの効率が低下し、スポーツパフォーマンスが悪くなります。

ちょうど、パンクしたタイヤで走りつづけるようなもので、
パワーを十分に発揮できない
ばかりか、そのままでは本体に障害が出てきます。
 

 ◆ どうしてアーチは変形するの

誰でも朝起きたときは元気ですが、一日活動して夜になれば、どうしても疲れてきます。足のアーチを支えている筋肉にも同じことが言えます。朝はしっかりとしたアーチが出来ていても、仕事やスポーツで筋肉に
疲れがたまると、だんだんとアーチが低くなってきます。

元気なときはアーチがバネとなって足の運びが軽快だったのに、疲れてアーチが落ちてくると足にバネが無くなってきて、だんだんと
足の運びが重くなってきます。

夕方、足が大きくなるのは、むくむせいもあるでしょうが、アーチが落ちることもその原因です。 弧であったものが直線になれば、当然、底辺の全長は伸びます。足長や足幅は、アーチが落ちることによって拡大し、その結果、靴がきつく感じるようになるのです。ほとんどの種目のスポーツにおいて、足は非常に重要な役割を担っています。身につけた技術や上半身の筋力を最大限に生かすためには、
脚部の安定が重要であり、
バランスを維持する力がプレーの成否のカギ
を握っています。

疲労によってアーチが落ちてくることでフットワークがバタバタになったり、スタンスがぐらついたりすると運動能力はガクンと低下します。このようにアーチを維持するという単純なことが、実は
スポーツマンにとっては大きな問題なのです。

  ◆ アーチを支えるためには、パットを入れれば良いのでは?

アーチとは板バネのようなもので、あらかじめカーブがついていることで、その機能が発揮されます。足が着地した時の衝撃によってバネが伸びて脚に伝わる衝撃を吸収し、次にバネが戻ることによって地面を蹴る力が増幅されるのです。
ですから、アーチを維持するために直接アーチ部を支えようとして、カーブの
内側を何かで埋めてしまうと、アーチの自由な
動きが妨げられ、バネが生かされなくなります。

また、土踏まずの部分は、骨が少なく、肉が多いのです。スキー靴のような締め付けの強いハードブーツの場合は、とくに土踏まずの圧迫によって血行が阻害され、
短時間でシビレが発生しやすいのです。

 

◆ スーパーフィートは、アーチを直接圧迫しません。
かかとの一部分を支えることで、足の3点アーチ(親指の付け根、小指の付け根、かかとの3点で構成されるアーチ)が維持される仕組みになっています。ですからアーチの自由な動きを妨げませんし、土踏まずの圧迫感も感じません。
 

 ◆ 衝撃吸収のためにはクッションの良い靴を履けば良いのでは?

クッションの良い柔らかい靴を履き続けることによって、アーチの機能は退化していきます。底が柔らかい靴を履くことによって、足が地面から受ける刺激も少なくなります。筋肉は使わないと退化します。足の機能も使わないとその本来の機能がだんだんと失われていきます。すでに膝や腰に故障を抱えている状態では、底の柔らかい靴で体をかばう必要が有ります。しかし、そうでない場合にはそうした故障を事前に予防するためにも、

足に元々備わっているクッション機能を、
十分に発揮させることが大切です。

 


◆ 硬いプラスチックのインソールでは、着地のショックが直接足に伝わるのでは?

頭部を衝撃から守るためにかぶるヘルメットと同じように、かかとのカーブに合った硬いカップによって着地の衝撃がその1点に集中せず、
かかと全体に分散されます。

また、深い曲面によって、かかとの脂肪が平均的に分散配置され、その部分がクッションとして働きます。足の脂肪層を、その本来の機能である衝撃吸収剤として利用するわけです。 

 ◆ 疲れにくいことは分かるけど、他に利点は?

即効性よりも、永く使用することによって障害を予防したり、骨格を良い状態に保つたりすることが、スーパーフィート本来の役割。漢方薬のような存在です。スポーツをする短い間だけでなく、日常の生活で使用することによって、体の基盤である足を常に良い状態に保つことが出来ます。「家では裸足、靴を履いた時はスーパーフィート」、これが足の健康のキーワードです。
「足の骨格を支持して安定させ」、「足の筋肉をより効果的に機能」させることで、疲労を減らしてくれる訳ですが、その結果として次のような効果が期待できます。

効果としては…

・ 足のコントロールを向上させる 
・ かかとへのショックを減らす
・ バランスを向上させる
・ 疲労を減らす 
・ 快適なウォーキング、ランニングの実現

結果として…

・ 足や身体を痛めないだけでなく、その反対への改善効果が期待できる。
・ スポーツでは、よりよいプレーをもたらす。
・ 選手の場合には、成績順位の向上が期待できる。